管理栄養学科は、医療領域の学びに強い。

TOPIC TOPIC

2016年4月1日現在、大学病院、国立病院機構、公立病院、500床以上の総合病院など東海・北陸の地域拠点病院を中心に本学の卒業生が多数活躍中!

地図
就職先一例
充実した医療領域の学び

「チーム医療」のレベルを栄養面から引き上げる、<br>より高度な専門性と実践力を持った管理栄養士へ。

医療現場では、医師に限らず、看護師や薬剤師、そして管理栄養士など、それぞれの専門家がチームとなって患者の回復を支えています。そのため管理栄養士にも、栄養や健康、医療に関する専門知識に加え、医療現場そのものへの理解が不可欠となります。名古屋学芸大学では、現役の医師など、現場経験が豊富な教員から語られるさまざまな経験談や具体的なエピソードを基に、各々の専門知識を関連づけながら学び、さらに病院実習やゼミナールの活動を通して経験として定着させることで、「チーム医療」のレベルを栄養面から引き上げることのできる、より高度な専門性と実践力を多面的に身につけていきます。

Point 1 Point 1

医師・医学博士など、医療に精通した教員を多数配置!

自身の経験に基づくエピソードや専門知識の解説を交えながら講義を展開しています。

Point 2 Point 2

管理栄養士受験資格に必要な科目以外にも、独自の医療系科目が充実!

開講科目や授業時間数も拡大し、各分野ごとにきめ細かな指導を行っています。

Point 3 Point 3

病院で働く管理栄養士の仕事すべてが実践できる最先端の実習設備を導入!

管理栄養士養成のための<br>万全の教育環境を整えています。

医療領域の学びに強い管理栄養学部の教育環境がさらに進化!全国トップクラスの先進的な実習施設が完成!

病院で働く管理栄養士の仕事すべてに対応しています。

2016年9月、管理栄養士の実践教育に特化した施設「管理栄養学部実習棟(6号館)」が完成しました。施設は「臨床栄養」「栄養教育」「給食経営管理」を軸に構成されており、病院をはじめとした、あらゆる管理栄養士の現場に合わせた実践的トレーニングを行うことができます。臨床栄養フロアでは、病室のようにベッドを設け、健康状態を計測する「健診エリア」、病院の栄養管理室のように栄養計算や献立作成を行う「演習エリア」、キッチンスタジオのような最新の設備環境で調理ができる「調理エリア」をひとつながりの教室として配置。病院で働く管理栄養士の一連の仕事がすべて実践できます。

検診エリア

演習エリア

調理エリア

EVENT

病院で活躍する卒業生たちのネットワークを活かした<br>「キャリア支援研修会」を定期的に開催!現役管理栄養士から医療現場の生の声を聞くことができます。

将来のフィールドとして病院をめざす在学生と、実際に管理栄養士として病院で働いている卒業生との交流イベント「キャリア支援研修会」を定期的に開催しています。医療現場で注目されているテーマをより深く学び、知識を共有するための勉強会、テーマに関連した調理・試食会、職場のこと、仕事のこと、学生時代のことについて気軽に相談できる懇親会などを通じて、病院で活躍する管理栄養士への興味をより深めていくことができます。

病院で活躍する卒業生のメッセージはこちら

管理栄養学科 TOPヘ

PAGETOPへ

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ