ヒューマンケア学部 子どもケア学科 幼児保育専攻

専攻概要

保育現場のリーダーとしての保育士・幼稚園教諭を養成する。

「こころ」と「からだ」が著しく発達する乳幼児期・幼児期は、子どもの健やかな成長を築くもっとも大切な時期です。だからこそ、医療・心理なども含む幅広い分野の専門知識をバランスよく習得し、乳幼児・幼児の「こころ」と「からだ」のトータルケアはもちろん、保護者のケアも含めた「保育現場」のリーダーが世の中から求められています。また、女性の社会進出や幼保一体化など、保育現場は大きな変革を迫られています。低年齢児の受け入れや延長保育、病児保育の充実、その他、複雑化した社会的背景を踏まえ、確かな専門知識と経験に加え、保護者の子育ての悩みを受けとめ、的確なアドバイスのできるスキルを兼ね備えた保育士・幼稚園教諭を養成します。

学びの特長

■ 医療分野に強い学び

将来、保育の現場で活躍するためには、専門的な知識を身につけ、子どもを深く理解することはもちろんですが、学生時代から実践経験を積んでおくことが何よりも大切です。そこで幼児保育専攻では、日常的に実践経験を積めるよう、学内に保育の現場である「子どもケアセンター(学内併設付属機関)」を設置しています。託児ボランティアや、季節のイベントなどを通して、地域の親子との触れ合いながら、現場経験豊富な教員やセンター専属の保育士などからプロとしての専門性を学びます。

■ 医療分野に強い学び

現役の医師や医学博士による講義で、乳幼児特有の病気に関する専門知識と技能を習得する。

子どもの健康を守るためには、子どもの異変をできるだけ早期に察知できることが重要と考えられています。その一方で、保育の現場には保健医学領域をしっかり学んだ保育士・幼稚園教諭がまだまだ不足しているとも言われています。そのため、こうしたニーズに応え、将来、子どもの成長と発達の支援の中心的役割を担うことのできる保育士・幼稚園教諭を養成すべく、名古屋学芸大学では、医療系の学びを充実させたカリキュラムのもと、保健医学の分野で強みを発揮できる人材を育成します。

■ 現場に強い実践的な学び

学外はもちろん、学内でも子どもや保護者と触れ合い、現場の声に触れる。実践力を磨く独自の取り組み。

近年では発達障がい、児童虐待など、子どもを取り巻く問題も多様化・複雑化し、保育者にも幅広い視野と柔軟な対応が求められるようになりました。そのため福祉分野の学びでは、そうした諸問題に対する理解を深めるとともに、家族・家庭の機能を見直し、社会全体のネットワークでどう子ども・保護者・子育て活動全体を支えていくかを考えていきます。また、施設実習などをきっかけに福祉分野への興味を深め、児童福祉施設・児童養護施設への就職を希望する学生も増えています。

■ 子どもの「こころ」を支えるための学び

からだや行動に出る”サイン”を見逃さないために。

自らが抱える感情や悩みを言葉だけで他人に伝えることは、子どもにとって容易なことではありません。そのため、幼児保育専攻では、乳幼児の心身の発達を理解し、彼らが発信する言葉だけでなく、さまざまな「サイン」を読み取る力を身につけます。また、子どもたちの背景にある社会や大人の問題を見つめることは、子どもたちが直面している問題を見つめることでもあり、保護者が抱える不安や悩みを受け止め、アドバイスできる力こそ、問題の根本的な解決につながります。子どもへはもちろんのこと、社会全体まで視野を広げられる保育士・幼稚園教諭を養成します。

カリキュラム

幼児保育専攻のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

資格

取得できる免許状・資格
  • *所定の科目・単位を修得することにより取得可能。

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種

  • 小学校教諭一種(履修単位数の状況と成績で取得を制限する)

  • レクリエーション・インストラクター

学びのサポート

  • 学外実習を手厚くサポートするチューター制度

    保育施設の園長経験者など、業界の大ベテランたちが、チューターとして学外実習の事前指導、実習中フォロー、事後指導を実施。実習の質を大きく左右すると言われる指導案の書き方からマンツーマンで丁寧にサポートし、実習中の相談や事後の振り返りも手厚く行っています。

  • ピアノ実技サポート

    幼児保育専攻では、学生個々のレベルと公務員試験や採用試験を配慮したきめ細かいピアノ実技サポートを行っています。また、授業とは別に「ピアノレッスン」としてインストラクターによる個人レッスンを受けることもできるため、ピアノが苦手な学生も、保育者として充分な力を身につけることができます。

主な施設・設備

  • 保育演習室

    保育所をリアルに再現した実習室。子ども用トイレなども設置されている。

  • ピアノ練習室

    ピアノの技術を磨く練習用の個室。学生は自由に使用できる。15室を用意。

  • 身体運動演習室

    「ダンス」「あそびと運動」など、身体を使った表現方法を確認できるよう壁面が鏡張りになっている。

  • 造形室

    造形表現を指導するための技術を身につける。

オーストラリア研修(学科共通海外研修)

グリフィス大学  -オーストラリア-

実際に現地の子どもたちと触れ合える、海外の教育現場の体験学習。

春休みを利用して、約1ヵ月間の海外研修を行っています(参加は希望者のみ)。研修先はオーストラリアのグリフィス大学。英会話の講義をはじめ、現地の教育制度や子どもケアに関する知識を深め、保育所などで体験学習も実施。ホームステイを通じて日本との生活習慣の違いも実感できます。

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ