ヒューマンケア学部 子どもケア学科 児童発達教育専攻

専攻概要

どんな個性を持った子どもにも柔軟に対応できる教育力で、クラス全体を伸ばしていく小学校の先生へ。

学びの特長

さまざまな発達段階にある児童が一緒に授業を受ける小学校では、一人ひとりの成長・発達を見極めながらクラス全体をしっかりと導いていける先生が求められています。そこで児童発達教育専攻では、幅広い力を身につけられる3つの学びを設置しました。


3つの学びそれぞれから得られるもの

3つの学びが活かされるシーン

SCENE 1 「小学校教育」の学び ✕ 「心理学」
いい先生は、一人ひとりのことをちゃんと知っている。

にぎやかな子、落ち着きのある子、リーダーシップを持った子、自分の気持ちをうまく表現できない子…。教室にはテストの点数ではわからない、いろいろな個性を持った児童がいます。そんな学級を運営していくうえで何よりも大事なのは、一人ひとりの良さや違いをしっかりと理解することです。そこで役立つのが「心理学」で身につくアセスメント(客観的評価)の力。児童の発達の差や個性を客観的に評価し、理解できるようになります。児童を多面的・立体的に理解するほど、個人に対しても、学級全体に対しても適切な指導が可能になるのです。

SCENE 3 「小学校教育」の学び ✕ 「特別支援教育」の学び
「9歳の壁」を一緒に乗り越える小さなステップ。

「9歳の壁」とは、小学校4年生前後の学習面や心理的な発達のつまずきを表す言葉です。例えば、算数の分数など、抽象的な概念を要する学習についていけず、劣等感を抱えることで友達や家族への言動が荒くなったりすることがあります。こうした場合に有効なのが「特別支援教育」の“スモールステップ”という考え方。学習内容を理解しやすいよう、小さな段階に区切り、寄り添いながら一つひとつを乗り越えていくことで少しずつ自己肯定感を育み、学習に向かう態度や周囲とのコミュニケーションを前向きにさせることができるのです。

SCENE 3 「小学校教育」の学び ✕ 「特別支援教育」の学び ✕ 「心理学」
誰にでも「わかる」授業づくり。

ある児童に授業内容が上手く伝わらないと感じるとき、その児童とどう向き合うかを考えてしまいがちですが、実はもう少し視野を広げる必要があります。なぜならひとりが理解できていないポイントでは、他にも多くの児童がつまずいている可能性があるからです。こんなとき、例えば「心理学」の認知の知識を応用して図や映像を活用した授業に切り替えることで、その児童だけでなく学級全体の理解度を向上させることもできます。これは「特別支援教育」がめざす“授業のユニバーサルデザイン”(=誰にでもわかりやすい授業づくり)の考え方でもあります。

カリキュラム

児童発達教育専攻のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

資格

取得可能な免許状・資格

  • 小学校教諭一種

  • 特別支援学校教諭一種(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)

  • 日本心理学会 認定心理士

  • 学校心理士認定運営機構 准学校心理士

主な施設・設備

  • 心理学演習室

    「子ども人間関係」などの授業で使用。ゼミナールなどでも使用する。

  • 心理学実習室

    カウンセリングのできる模擬面談室を併設している。「臨床心理学」などの授業で使用。

  • 子ども心理相談室

    地域の親子が抱える発達に関する心配、育児に対する不安などを解消できるよう、専門の心理スタッフが対応を行う施設。

  • 講義室

    約300人を収容する大講義室。講演会などにも利用される。その他中小の講義室がある。

オーストラリア研修(学科共通海外研修)

※内容は変更の場合があります。

グリフィス大学  -オーストラリア-

実際に現地の子どもたちと触れ合える、海外の教育現場の体験学習。

春休みを利用して、約1ヵ月間の海外研修を行っています(参加は希望者のみ)。研修先はオーストラリアのグリフィス大学。英会話の講義をはじめ、現地の教育制度や子どもケアに関する知識を深め、保育所などで体験学習も実施。ホームステイを通じて日本との生活習慣の違いも実感できます。

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ