メディア造形学部 デザイン学科

学科概要

幅広く学んでから専門性を追究し、社会が求めるあらゆるデザインのプロへ。

デザイン学科は、1年次に幅広いデザインの基礎を学びます。これまで知らなかったデザイン分野の魅力にも触れることで、自分自身の新たな可能性に気づき、そのうえで2年次以降のコースを選択できます。さらに各コースでは、教員による丁寧なサポートのもとでじっくりと専門性を追究することができます。具体的な進路は学びながら決めたい、という学生はもちろん、すでに将来のイメージが固まっている学生にとっても、幅広さと専門性を組み合わせた学びの経験が、実社会での活躍の場を広げてくれるでしょう。

詳しく見る

1年次 幅広いデザインの基礎を学びながら、自分自身の新たな可能性を探る。 2~4年次 志向と適性に合うコースを選び、高い専門性を追究する。

コース概要

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

視覚的な表現を用いて、何をどう伝えれば「人」の心が動くのかを考える。

デザインにかかわる考え方や歴史、表現手法を学ぶことでその構成力を高め、ブランディングから広告やパッケージ、サイン計画、Webなどの幅広い分野で視覚的なデザイン表現を追究するコースです。

学びの対象の一例
  • 広告デザイン
  • ブランディングデザイン
  • CI & VI
  • エディトリアルデザイン
  • イラストレーションとデザイン
  • Webデザイン
  • パッケージデザイン
  • インタラクションデザイン

スペース・プロダクトデザインコース

使う「人」の気持ちに寄り添った空間や製品をつくる。

自動車や家具・家電、住宅やインテリア、商業空間など。それらを使う人(ユーザー)を中心に考え、空間や製品にはどういう機能が必要か、どんな形状や素材が相応しいのかなど、調査や考察を深めながらデザインするコースです。

スペースデザインの学びの対象の一例
  • 生活空間
  • 商業空間
  • 照明
  • 木工デザイン
  • パブリックスペース
  • エクステリア
プロダクトデザインの学びの対象の一例
  • 生活用品
  • トランスポーテーション
  • レジャー・スポーツ用品
  • 家電・情報機器
  • 医療・福祉機器
  • キッズ用品

デザインプロデュースコース

「人」が抱える課題を「もの」や「こと」のデザインで解決する。

企業や自治体などの課題を探りながら、誰にどんな「体験」を提供すればそれが解決するのか、そのためにどんな「もの」や「こと」をつくるスペシャリストの力が必要なのかを考え、プロジェクトとして実施するコースです。

プロジェクトの一例
  • 日進市や障がい者就労支援施設との「障がいについての理解」を広げるプロジェクト

  • 中日文化センターとの「新しい学びの場」を創造するプロジェクト

  • リンナイ株式会社との「健全で心地よい暮らし方」を探求するプロジェクト

  • 社会福祉施設との「人の多様性」を知り、発信するプロジェクト

学びの特長

「人」を大切にするデザイン。制作や表現の根底にある考え方から学びます。

「デザイン」と聞くと、何か形のあるものをつくる作業を最初にイメージするかもしれません。しかし、社会がデザイナーに求めるのは「つくる」だけの技術でしょうか?そもそもデザインが必要とされるのは、そこに誰かの求める声があるから、そして今世の中にあるものだけでは満足できない人たちがいるからなのです。デザイン学科では、そんな「人」の想いを大切にするため、制作や表現の技術を磨くことはもちろん、その根底となる調査・課題発見・企画などの「考える」プロセスを重視しています。

特長的な取り組み

  • 産官学協同プロジェクト

    企業や自治体との協同プロジェクトが、社会で活躍するための実践力を育む。

    大学のある日進市や名古屋市との官学協同をはじめ、企業との産学協同など、実社会でプロジェクトを実践する機会を積極的に取り入れています。自分たちがデザインした制作物が、実社会でどう受け入れられるか、どう評価されるか。また同時に、どう地域に貢献できているかを自分の目で確かめることで、社会とつながるデザインの在り方と自分たち自身の将来を考えていきます。

  • 学外展示会

    作品を社会にアピールできる学外展示会を多数開催!

    メーカー、広告代理店、編集プロダクション、ディレクター、デザイナー、アーティストや建築家など、さまざまな分野のプロから意見を聞くことができる機会として、学外の会場を使用した展示会を多数開催しています。学生が自分の作品とポートフォリオを学外の方にプレゼンテーションする「コンタクト展」、「なごや」の観光・伝統・産業・生活の価値を見つめ直してデザイン提案する「なごやVISION展」、そして4年間の集大成となる「卒業制作展」です。プロからの客観的な意見には、デザインの可能性を広げる多くのヒントがあります。

  • 海外研修

    ※内容は変更の場合があります。

    価値観やデザイン観を広げるヨーロッパ海外研修。

    集中講義として毎年実施している「海外デザイン研修」では、海外の芸術文化やデザインの現場などの視察を行います。隔年で行き先が異なり、北欧3ヵ国(フィンランド/スウェーデン/デンマーク)か欧州本土(イタリア/ドイツ)で実施しています。研修への参加で、価値観やデザイン観を広げた学生からは、以前では想像もできなかったような新しいアイデアが生み出されています。

  • 海外留学制度

    大学が支援する2つの海外留学制度「交換留学」と「派遣留学」。

    2つの海外留学制度があります。ひとつは名古屋学芸大学が国際交流協定および学生交換協定を締結している海外提携校への「交換留学」。もうひとつは学習内容がメディア造形学部の教育研究上適切かつ有益だと認めた機関への「派遣留学」です。留学先での取得単位は、名古屋学芸大学での卒業単位として認定されます。

    充実の支援体制

    選考を経て留学資格を得ると、
    下記の学費補助以外にも、

    名古屋学芸大学からの
    経済的な援助が受けられます。

    学費
    交換留学の場合、留学先教育機関の学費は不要。派遣留学の場合、学費の全額もしくは一部を大学が補助。
    単位
    留学先教育機関で取得した単位は、所定の手続きにより単位認定の申請が可能。1年間留学しても4年間での卒業が可能。

想定される将来像

広告、出版からメーカーや建築、イベント、地域振興まで。デザインの力は社会のあらゆるシーンで求められています。

  • クリエイティブディレクター
  • アートディレクター
  • グラフィックデザイナー
  • CMプランナー/ディレクター
  • パッケージデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • Webプロデューサー・ディレクター
  • Webデザイナー・コーダー
  • メディアプロデューサー
  • イベントプロデューサー
  • クラウドソーシングプロデューサー
  • コミュニティデザイナー
  • ユーザーエクスペリエンスデザイナー
  • 建築デザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 空間演出・ディスプレイデザイナー
  • ランドスケープデザイナー
  • 家具・クラフトデザイナー
  • 生活用品・調理器具・文具デザイナー
  • 家電・情報機器デザイナー
  • トランスポーテーションデザイナー
  • キッズ用品デザイナー
  • イラストレーター
  • アニメーター など

カリキュラム

デザイン学科のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

主な施設・設備

  • デザインUXラボ

    最新のレーザー加工機、3Dプリンターなどを導入することで、より高度で専門的な加工を施すことができ、学生の制作活動をレベルの高いものにすることができる施設です。

  • デジタル工房

    印刷会社などでも使われている高性能スキャナーでの画像入力機器や白色印刷が可能なプリンター、大型プリンター、大型カッティングマシーンなどを設置しています。

  • メディア造形学部工房棟

    陶芸室、塗装室、金工室、クレイモデル室、版画室があり、集中講義や専門分野における実習を行います。レーザー加工機、3Dプリンタ、3D掘削機、真空成型機などの専門的な機械工具を完備しています。

  • 木工室

    大型木工機械も導入し、本格的な作業が可能。技手が安全面や技術面、デザイン面でもきめ細やかに指導します。〈設備・機器〉横切盤、自動一面かんな盤、木工旋盤、バンドソー、ベルトサンダー など

  • メディア造形学部nuasギャラリー

    メディア造形学部A棟に設置されたギャラリー。学生や教員の作品展示、イベントなどで使用されます。

資格

取得できる資格

  • 二級建築士(受験資格)
    ※合格後の免許登録に2年以上の実務経験が必要

目標とする資格

  • CGクリエイター検定
  • Webデザイナー検定
  • インテリアコーディネーター
  • ユニヴァーサルデザイン検定
  • プロダクトデザイン検定 など

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ